海外在住者が電子書籍を使用するメリットとデメリット

海外に住まれている皆さんは、本を買う時はどうしていますか?

移住先に日本語の本を売っているお店なんて滅多にないでしょうし、はたまた現地の言語で書いてある本を買って語学の勉強をしても良いかもしれませんが、本来の趣旨と少し違う気がします。

日系の会社にお勤めの方は、会社によっては日本の本を月に何冊か定期購読(海外送付)できる福利厚生がある会社もあると思います。

私の会社も本の定期購読のシステムがあったのですが、手続きがよくわからなかったので、結局やらずに終わりました。

私はアマゾンのKindleを使って電子書籍を購入して、ipadやパソコンにKindleのアプリをダウンロードして使っています。

今回はパソコン向けのKindleを見つけましたので、その紹介と電子書籍のメリットとデメリットについて考えてみました。

 

PC用Kindle

PC向けのKindleは無料でダウンロードできます。

OSはWindows版でもMac版どちらでも対応しています。

Kindleは電子書籍を読むためのソフトなので、電子書籍を読みたい場合は、電子書籍を買う必要があります。

電子書籍のメリットとデメリット

電子書籍のメリットとデメリットについて、海外移住者で電子書籍愛用者の私が考えてみました。

メリット

  • 保管場所を取らない(スペースを取らない)
  • 価格が本を買うより2〜3割ぐらい安い
  • 最新刊が海外にいてもすぐに読める

デメリット

  • 中古本として売れない
  • 友人に貸してあげる事ができない
  • 電子書籍化してない本も沢山ある
  • 電子書籍に慣れるまで少し時間がかかる
  • スマホ端末だと読みづらい

 

メリット

保管場所を取らない(スペースを取らない)

多くの駐在員の方は、駐在任期があると思います。海外に期限つきで赴任した場合、一定期間海外で過ごしたら日本に帰国する又は他の国に赴任するのパターンが考えられます。

引越しは会社のお金で、業者がやってくれるかもしれませんが、本が沢山あるとスペースも取りますし、重さも重いので引越しには不向きです。電子書籍は何冊ダウンロード使用が、端末1つで良いのでとてもスマートです。

 

価格が本を買うより2〜3割ぐらい安い

電子書籍は本より2〜3割安く購入する事ができます。キャンペーンやセールなら半額や無料でお試しなんてのもよくやってます。

本に限らずになんでもそうと思いますが、安く買えるのは嬉しい事ですね。

最新刊が海外にいてもすぐに読める

これが海外在住者には嬉しく、電子書籍を海外で使う大きなメリットと考えます。

電子書籍でなければ、日本にいた時に読んでいた、雑誌や漫画の続きを海外で読むのはとても難しいと思います。

電子書籍で販売している本は、最新回もインターネットでダウンロードすれば、

自宅でもカフェでもインターネットの環境があればすぐに読む事ができます。

非常に便利ですし、日本の話題について行く事ができるので助かっています。

本当に便利な世の中になったと思います。

 

デメリット

中古本として売れない

本なら読み終わったあとに、必要ないのであれば古本屋に売る事ができますが、

電子書籍は電子データなので今のところ売ることはできません。

人気漫画や需要のある中古本は中古でも良い値段がつく事があります。

友人に貸してあげる事ができない

本なら簡単に貸したり借りたりする事ができますが、電子書籍の場合はスマホなりタブレットなりパソコンでの貸し借りになるので現実敵ではありません。

電子書籍化してない本も沢山ある

有名だったり読む人が多く需要が大きい本は、だいたい電子書籍化されていますが、マイナーだったり需要が少なかったりで電子化されてない本がまだまだ沢山あります。

 

電子書籍に慣れるまで少し時間がかかる

今まで紙の本を愛読されて来られた方は、電子書籍に移行するのにはじめのうちは違和感や使いづらさを感じるかもしれません。

しかしこれはすぐに慣れます。私もはじめは違和感ありましたが、もう慣れました。慣れってすごいと思います。

スマホ端末だと読みづらい

スマホ端末だと持ち歩きには便利なのですが、本を読むとなると小さくて読みづらいです。

 

PC版やタブレット版だと大きな画面で、見開きで読めるので、見やすいです。

Kindleはタブレット端末版(アプリ版)でも同様に見開きで見る事ができるので読みやすいです。

携帯(スマートフォン)で漫画の電子書籍を読むと小さくて見づらいので、タブレットかパソコンで見るようにしています。

小説や文章のみの本は、移動時に携帯で読むこともあります。

 

まとめ

海外在住者が電子書籍を導入するメリットとデメリット

メリット

  • 保管場所を取らない(スペースを取らない)
  • 価格が本を買うより2〜3割ぐらい安い
  • 最新刊が海外にいてもすぐに読める

デメリット

  • 中古本として売れない
  • 友人に貸してあげる事ができない
  • 電子書籍化してない本も沢山ある
  • 電子書籍に慣れるまで少し時間がかかる
  • スマホ端末だと読みづらい

 

デメリットを考慮しても、私はいろんな本を海外にいながら読みたいので、電子書籍を使い続けますが、

頑なに電子書籍にこだわる必要はないと思うので、本と電子書籍の併用が最強と考えています。

インターネット環境があれば、どこでも好きな本をダウンロードできる世の中になったのは本当にすごいですよね。

最新情報をチェックしよう!